HOME > ブログ・日記 >子供の頃に何度もみた同じ夢は何だったのか…

スポンサーリンク

子供の頃に何度もみた同じ夢は何だったのか…

ハロウィン
小さい頃、繰り返し同じ夢をみたという人が知人に何人かいます。
カマシラも小学生低学年くらいの時は同じ夢を結構な頻度で見ていました。

その夢は、延々と続く鉄格子が目の前にあって、その先にお台場のガンダムの3倍くらい大きな巨人のようなものが迫ってきているシーンです。逃げ惑うのですが、逃げ切れず諦めた時に目が覚める感じです。

目が覚めた時に毎回、夢でよかった…と思ってました。

大人になってからは、シュチュエーションは違うけど結果が同じパターンの夢を見ます。

車やバイク、自転車などの乗り物に乗っていて、下り坂でスピードが加速して行き、ブレーキを掛けるんですが全く効かないで、穴に落ちる系

何か巨大な組織から延々と逃げるが逃げ切れない系(石原都知事がファミレスの店長として助っ人で出てきた!)

など、結構あります。

ということで、ちょっとググってみました。

引用元:OKWAVE「子供の頃、熱が出ると決まって同じ夢を見る」

タイムリーな話題だったので参加させていただきます。
実は同じ話題を今日の午前1時ごろに友達と話してたんですよね。
私の場合は小さい頃熱が出ると決まって見た夢は、
なぜ軽トラの運転席に乗っていて、場所はいつも自分の家の緩やかな下り坂、
軽トラがその下り坂を下り始め、徐々にスピードが上がっていき、
本当は数十メートルしかない坂のはずなのに永遠と下り坂が続き、
1人しか乗っていない為自分でブレーキを踏んだりサイドブレーキを
引いたりするのですが、スピードは増すばかりで、とんでもない
スピードになったときに目が覚めていました。


ブレーキ効かない系を見ている人がいてちょっと嬉しい…

引用元:YAHOO知恵袋「学問的な解説を加えるのなら、夢とは」

夢を見ている時には、脳では記憶の整理が行われています。言いかえれば、自分の中の記憶が混濁している状態、ばらばらになった記憶がエピソードとして組み上げられ、夢を見ているのです。フロイトによれば、夢の中に出現するものは、何かの象徴(シンボル)である、と言っていますが、これは確証がありません。しかし、夢の中に「無意識」が反映されているかもしれない、というのは一理あるのかもしれません。
これらの点で、自分の中で何か意味のある過去の記憶同士が結びついて、その夢を見ていたのではないか?と考えることができると思います。まだ心理学はかじりたてで、説得力に欠けるかもしれませんが、よかったら参考程度にしてみてください。

また「前世」の記憶というのも、ありうる話かもしれません。
「魂」は七回に渡って現世に遣わされ、試練を与えられると言われていますが、
転生(生まれ変わる)際に、前世の記憶からどの家に生まれるかを決める(因縁の原因はこの為である、と言われている)、と聞いたことがありますので、生まれ変わった後でも、前世の記憶を宿したまま、ということもあるのかもしれません。

どちらにせよ「記憶」というキーワードが見え隠れしている点で興味深いですが、もう一度その夢の中のことを一つ一つ自分なりに解釈したりして、考えてみると、何か大事な忘れていた記憶が思い出せるかもしれませんよ?


個人的に前世ってところ気になります…最近今までの常識が覆るような研究結果がいろいろあるみたいなので、
もしかしたら昔から伝えられているスピリチュアル的な現象もあるのかも。

最後に、よく夢の中で食べた物は味がしないと言いますが、カマシラはちゃんと味がします。
ラーメン、りんごは確実に味がしました。おいしかったです。

でも良い夢から覚めた時のガッカリ感は半端ないです…
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿

プロフィール

カマシラ

Author:カマシラ
カマシライフは管理人「カマシラ」が興味をもったことや体験談などを中心に、みんなの役にたつ「かもしれない」情報を共有して行きます。YouTubeとInstagramの方もよろしくお願いします。

▶︎プロフィール詳細

最新記事

スポンサーリンク

よく読まれている記事

カマシラのインスタ

カマシラのツイッター

カマシラのほしい物リスト

応援クリックお願いします⇩



FC2 Blog-Rankingへ
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

注目商品