HOME > カメラ・写真 >【防湿庫】カメラとレンズをカビから守る!お手軽おすすめ保管ケースと乾燥剤レビュー

スポンサーリンク

【防湿庫】カメラとレンズをカビから守る!お手軽おすすめ保管ケースと乾燥剤レビュー

みなさんはカメラの保管はどうしていますか?

カメラは精密機器なので湿気は避けたほうが良いのは想像できると思いますが、どう保管して良いのかわからないでバッグに入れたまま保管している人が多いと思います。

カマシラは、せっかく買った大切なカメラを湿気カビで壊してしまうのが怖いので、「防湿庫」「乾燥剤」を買いました。

今回はカメラやレンズを保管する一番安上がりと思われる湿気とカビ対策グッズを紹介します。

カメラ


カビの恐怖


よくレンズにはカビが生えやすいという話を聞くと思いますが、なんでボディではなく、よりによって被害の大きいレンズに生えるんだよ!?と思いますよね?

どうやらカビはレンズ表面のコーティングが大好物らしいのです。

一度カビが生えたレンズは、カビを除去したとしてもコーティングが浸食されていますので、カビが酷いレンズだとクリーニングしても元通りの光学性能を発揮することはできないらしい…怖いですね。

日本は湿度の高い地域が多いですから注意が必要です。梅雨の時期や夏、冬も安心できません。特に北向きの部屋は湿気が溜まるので要注意。


カビを防ぐ方法


カビを防ぐ一番の方法は「毎日使う」ことです。

使うとなぜカビが生えないかというと、レンズ内部の空気が入れ替わるため、カビの繁殖が抑えられるためです。レンズはフォーカスやズーム時に内部が動きますよね、その時に空気が流れるので使えば使うほどフレッシュな空気と入れ替わります。レンズ内のカビが繁殖する暇を与えないようにするイメージでしょうか。

でも毎日カメラを使う人は少ないんじゃないでしょうか。「毎日使う」のは簡単そうに見えて難しいですよね。複数レンズを持っている人などは使わないレンズを長期間保管する必要がでてきます。

保管する上で重要なのは保管場所の湿度をカビが生えない最適な状態に保つこと。

また、湿度が低すぎても低い湿度を好むカビが繁殖してしまします。

なので湿度が高すぎず低すぎないレベルに保つ必要も出てきます。

でも部屋の中の湿度を長時間一定に保つことは現実的ではありませんよね。

そこで登場するのが「防湿庫」です。


防湿庫と乾燥剤レビュー


一番安上がりに長時間湿度を一定に保つためにおすすめなのが簡易的な「防湿庫」と「乾燥剤」です。

では、カマシラが買った「ナカバヤシ キャパティ ドライボックス 8L」「エツミ 乾燥剤 プレミアムカラット」という商品をレビューしていこうと思います。

キャパティドライボックス_1
外観はこんな感じです。同じシリーズであればスタックできるようです。カラーはホワイトとグレーがありますが写真はホワイト。

キャパティドライボックス_2
この商品の特徴は湿度計が標準で付いていて、外から見えること。精度はそこまで良くないでしょうが、目安にするには十分かと思います。

カマシラは針が「WET」に入ったら乾燥剤を交換。「DRY」の針が20近くになっちゃうとさすがに乾燥しすぎなので乾燥剤を減らして調整しています。「BEST」がベストなんでしょうけど結構アバウトにやっちゃってます…。

ちなみに湿度計と防湿庫を別でそろえた場合、湿度計を確認するのにボックスのふたを開ける必要があるかもなので注意。ふたを開けたら一気に外気と同じ湿度になっちゃいます。

キャパティドライボックス_3
ふたを開けたところ。

キャパティドライボックス_4
斜めから。

キャパティドライボックス_5
トレーには乾燥剤用の収納スペースがあります。

キャパティドライボックス_6
ちょっとした小物を置くこともできます。

キャパティドライボックス7
トレーを外して上から。

キャパティドライボックス_8
斜めから。

キャパティドライボックス_9
今回購入した容量8Lだとこれだけ収納できます。他に「11L」「20L」「27L」があります。

キャパティドライボックス_10
フタの周囲にシリコンゴムが使われていて密閉される仕組みです。

プレミアムカラット_3
乾燥剤はドライボックスにも入っていますが、少ししか入っていませんので別途購入をおすすめします。
写真は「エツミ 乾燥剤 プレミアムカラット」という乾燥剤で、繰り返し使えるタイプ。

プレミアムカラット_4
パッケージ裏。

プレミアムカラット_1
レンジでチンして繰り返し使えますので経済的。カマシラは三回くらい繰り返し使っていますが効果ありますね。

プレミアムカラット_2
湿気を吸って使用できなくなると色が変わるようになっています。


ナカバヤシ キャパティ ドライボックス 8L」「エツミ 乾燥剤 プレミアムカラット」を両方購入しても3000円程度で買えると思いますので、おすすめです。

カメラだけでなくスニーカー革靴なんかも大きいサイズのドライボックスならいけると思いますよ。革製品は乾燥しすぎもよくないのでご注意ください。


「ペルチェ式」「乾燥剤吸着式」防湿庫



いつか手に入れたいカマシラが憧れる防湿庫も紹介しておきます。


予算と設置スペースがある方はこれ「IDEX デジタル防湿保管庫 D-strage 60L DS-63M」を買っておけば、メンテナンスフリーで楽ちんにカメラやレンズをカビから守ってくれますので超おすすめです。長い目でみるともしかしたら防湿材を定期的に買うより安上がりになる可能性もあるかも…?

なによりカマシラ的にグッとくるのが防湿ユニットが「ペルチェ式」なところ。「ペルチェ…」というワードが自作PCにハマっていたころに憧れたCPU冷却方式という理由から。あとは乾燥剤方式よりもハイテクっぽいから…(笑)

「ペルチェ式」の耐久性能はわからないですが、「IDEX」というメーカーはワインセラーを販売している日本の会社のようなので、ある程度信頼できるのではないでしょうか。

別のメーカーでは、価格がちょっと高くなりますが、有名どころは「東洋リビング」「トーリハン」の2社です。

この2社は「ペルチェ式」じゃなくて「乾燥剤吸着式」というなんか原始的な方式。でも多分こっちの方が故障とか修理も簡単にできると思います。防湿庫を買うならこっちがメーカー的には老舗なので良いのかも。値段は高いですが…


東洋リビング オートクリーンドライ 防湿庫 77L ブラック&ホワイト ED-80CAT(BW)


TOLIHAN ドライキャビ 防湿庫 エコノミータイプ [ 47L ] EC-47D 426570

最後に


カビは発生してからでは分解クリーニングするしか方法がなさそうですので、くれぐれもご注意くださいませ。

多分毎日カメラを使う人はカビ対策は必要ないのかもしれません。なので、なるべくカメラを持って外へ出かけましょう。子供がいる方は大変だけど、外に遊びに行くときもなるべくカメラを持って行きましょう。そのために持ち運びやすい自分に合ったバッグを探すとよいと思います。バッグもそのうちレビューしたいと思います。

カマシラは外出時にカメラ持って行っても1枚も撮れないことがしばしばあります…でもなるべく持ち歩くようにしています。本当に撮りたいと思った時に後悔したくないので…

以上です。
よいカメラライフを送る参考になれば幸いでございます…。










follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

コメント

カマシラさん、カメラいっぱい持ってるんですね。すごい!
最近、一眼レフかったのですが、持ち運びがつらいっす。
バッグのレビュー楽しみにしてます!

スジロウさん一眼レフ買ったんですね!カマシラのカメラは型落ちの中古ばかりですよ(笑)バッグもたいした物持ってないですが後でレビューしますねm(._.)m

コメントの投稿

プロフィール

カマシラ

Author:カマシラ
カマシライフは管理人「カマシラ」が興味をもったことや体験談などを中心に、みんなの役にたつ「かもしれない」情報を共有して行きます。YouTubeとInstagramの方もよろしくお願いします。

▶︎プロフィール詳細

よく読まれている記事

最新記事

スポンサーリンク

カマシラのインスタ

カマシラのツイッター

カマシラのプレイリスト

応援クリックお願いします⇩



FC2 Blog-Rankingへ
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村