HOME > YouTube >【4K動画】DJI OSMO mobileで4K動画を2種類作ってみた

スポンサーリンク

【4K動画】DJI OSMO mobileで4K動画を2種類作ってみた

ずっと気になっていた「DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)」を運良く知人から借りることに成功したので、試してみました。

【参考】DJI OSMO mobile 公式サイト

DJI OSMO mobile」と「iPhone6s plus」で撮影して「Final Cut Pro X」で編集しました。「4K 24p」「4K 60p」2種類のテスト動画です。2つの動画のカットは全て同じですが、カラーグレーディングの練習を兼ねて違う雰囲気にしてみました。

4K 24p カラーグレーディングは古いフィルム風。


4K 60p カラーグレーディングは映画風。

※4K60pで再生するにはブラウザが対応している必要あり。Chrome推奨。

毎日会社帰りに1カット撮影して1週間以上かかっちゃいました…。

ほぼすべて手持ち撮影です。1カットだけマウントにてモーションタイムラプス撮影しました。適当に撮った割には上手くいった気がします。アクティブトラックとモーションタイムラプスは簡単で本当に楽しいです。

アクティブトラック機能で子供やペットの撮影すれば面白い画が撮れそうです。物撮りにも良さそう。

アクティブトラック機能で1点気になったところは、AEが固定にできないところ。やり方があるのかな…



各カットの説明


簡単に各カットをどうやって撮ったか簡単に説明します。

DJI_OSMA_新橋_60p_1_s
手持ち撮影。編集時に手ぶれ補正「三脚モード」適用。
西口SL広場。ニュース番組などでよくインタビューしている場所。いつも放送局の取材班がウロウロしています。寒かった…。

DJI_OSMA_新橋_60p_2_s
手持ち撮影。編集時に手ぶれ補正「三脚モード」適用。
SLは毎年恒例のクリスマスイルミネーションで綺麗でした。

DJI_OSMA_新橋_60p_3_s
手持ち撮影。アクティブトラック機能のテスト。
さりげなくサンタクロースが乗っています。

DJI_OSMA_新橋_60p_4_s
手持ち撮影。アクティブトラック機能のテスト。
歩きながらなのでちょっとブレています。反射する光がきれい。

DJI_OSMA_新橋_60p_5_s
手持ち撮影。編集時に手ぶれ補正「三脚モード」適用。
このカットは露出調整が難しくて暗くなっちゃいました…

DJI_OSMA_新橋_60p_6_s
マウント固定で撮影。モーションタイムラプス機能のテスト。
撮影途中でDJI GOアプリが落ちるアクシデントがあったけど、キャッシュが残っていたためデータを取り出せました。

DJI_OSMA_新橋_60p_7_s
手持ち撮影。アクティブトラック機能のテスト。
手前にオブジェクトが来ると見失うが、すぐ復帰していました。DJI GOアプリは良くできてます。

DJI_OSMA_新橋_60p_8_s
手持ち撮影。編集時に手ぶれ補正「三脚モード」適用。
交番横の喫煙所。SLの横にある喫煙樹よりこちらの方が空いてます。

DJI_OSMA_新橋_60p_9_s
手持ち撮影。パーン機能のテスト。
SL広場のヤマダ電機は結構お世話になってます。

DJI_OSMA_新橋_60p_10_s
手持ち撮影。アクティブトラック機能のテスト。
フォーカスが安定しない?のとAEが固定にできない?のでちょっと微妙なカットになってしまった…大きい画面で見ると粗が目立ちます…。

DJI_OSMA_新橋_60p_11_s
手持ち撮影。編集時に手ぶれ補正「三脚モード」適用。
年末といえばこれですね。

DJI_OSMA_新橋_60p_12_s
手持ち撮影。編集時に手ぶれ補正「smooth」適用。
新橋駅の西口。待ち合わせする人がたくさんいます。



DJI OSMO mobileの説明


DJI OSMO mobile」の製品レビューはネット上に山ほどありますが簡単に紹介。

DJI_OSMO_mobile_1
パッケージ写真のように、スマホを挟んで使います。

DJI_OSMO_mobile_2
箱の中はこんな感じ。

DJI_OSMO_mobile_3
内容物は「OSMO mobile本体」「収納ケース」「バッテリー」「充電ケーブル」「ストラップ」です。

DJI_OSMO_mobile_4
電源スイッチと操作するボタン類。赤ぽっち押下で動画録画、黒ボタンで写真撮影。丸い網目のボタンみたいなやつをスライドさせてスマホの向きを操作します。PSPのジョイスティックみたいな操作感。

DJI_OSMO_mobile_5
三脚など各種アダプターを取り付ける穴。かなり特殊な位置なので設置には工夫が必要かも…オプションもいろいろ出ています。

DJI_OSMO_mobile_6
このトリガーが便利。トリガー引きっぱなしでスマホの向きがロックされます。2回連続でポンポンと引くとスマホの向きがリセットされて正面を向きます。3回連続で引くとスマホの前面・背面カメラを切り替わります。

DJI_OSMO_mobile_7
ここにスマホを挟みます。

DJI_OSMO_mobile_9
挟む機構はバネ式ではなく、ネジを回すことで締め込むタイプ。バネ式よりスマートです。

DJI_OSMO_mobile_8
関節モーター部分。ガタもなく精度が高そう。

DJI_OSMO_mobile_10
バッテリーの蓋。

DJI_OSMO_mobile_11
充電ケーブル。これは見ての通り充電ケーブルとしては特殊なミニジャック式…これは意味不明…汎用的な端子にして欲しかった…

この手の同様の製品はいろいろなメーカーから発売されていて、今後も競争の激しいジャンルになるのではないでしょうか。

現状だとDJIが実績と信頼性から一歩進んでいますが、他のメーカーもどんどん安くて高性能な製品を出してくると思われます。

日本のメーカーも頑張って!

Final Cut Pro - Apple



follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿

プロフィール

カマシラ

Author:カマシラ
カマシライフは管理人「カマシラ」が興味をもったことや体験談などを中心に、みんなの役にたつ「かもしれない」情報を共有して行きます。YouTubeとInstagramの方もよろしくお願いします。

▶︎プロフィール詳細

よく読まれている記事

最新記事

スポンサーリンク

カマシラのインスタ

カマシラのツイッター

カマシラのプレイリスト

応援クリックお願いします⇩



FC2 Blog-Rankingへ
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村