HOME > 不思議な話 >今夜NASAの緊急発表!何が来るか…惑星二ビルか…?

スポンサーリンク

今夜NASAの緊急発表!何が来るか…惑星二ビルか…?

NASAが明日、日本時間23日の午前3時より緊急記者会見を開くらしい。

追記:発表後の記事はこちら

■太陽系の外にある惑星で新発見!?

 気になる22日の緊急記者会見についてNASAは多くを明らかにしていない。しかし、アナウンスに記されたいくつかの手がかりから、会見の内容をわずかながら読み取ることができる。ひとつは「系外惑星に関する重大な新事実を発表する」と記された会見の主旨だ。系外惑星とは、太陽系の外にある恒星を周回する惑星のこと。つまり今回の発表は、火星をはじめとする地球にとって(比較的)身近な惑星の話“ではない”ということだ。
引用:tocana


何が来ますかね…少しワクワクしますね。やばいことでなければ良いけど…。

でも、NASAって過去にも発表する前に煽って置いて肩透かしを食らわされたことが多いのであまり期待せずに待ちます。

スーパームーン


惑星ニビル発表の可能性は…


カマシラの希望は「惑星ニビル」の発見的な発表かな…。

皆さんは「惑星ニビル」という名前を聞いたことがありますか?

何年か前にもテレビでも特集が放送されたので聞いたことある人もいるのではないでしょうか。

「惑星ニビル」は「惑星X」とも呼ばれてます。

1982年、ワシントンD.C.にあるアメリカ海軍天文台でロバート・ハリントンが木星、海王星、冥王星の軌道に摂動が生じていることを発見した。この摂動は冥王星の外側にある惑星クラスの質量を持つ天体によるものだと考えられ、ロバートはこの仮説上の天体を「惑星X」と命名した。これが後にニビルと呼ばれるようになった。名称の由来はシュメール文明の粘土板に描かれた11個の惑星のうち1つが「ニビル」と呼ばれていたことから。ニビルとはシュメール語で「交差する」を意味する。
ロバートがニビルの証拠を発見した直後、NASAもパイオニア10号とパイオニア11号の調査により、天王星と海王星の軌道に歪みが生じていることを確認している。
引用:wikipedia


●惑星ニビルの特徴
・シュメール文明の壁画に描かれている
・地球より4-5倍の大きさと20-25倍の質量の褐色矮星
・軌道が太陽系より大きい楕円
・約3600年周期で地球に接近する
・太陽系に接近したときに他の惑星に影響を与える
・地球に衝突する噂が度々ある
・NASAは存在を否定している


NASAは「惑星ニビル」の存在は否定しているようですが、以前記者会見で「未知の惑星」の存在を肯定したみられる発言をしていたはず。

なので、今回正式に発表するという可能性もあるんじゃないかな…と期待しています。

発表までの時間、惑星ニビルの復習をして心の準備をしておきます。

がっかりな発表内容じゃないといいけど…。



follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

コメント

ゴミサイトうざい

Re:

厳しいご意見、弁解の余地もごさいません。
今後はもっと良い記事が書けるように努めて参ります。

コメントの投稿

プロフィール

カマシラ

Author:カマシラ
カマシライフは管理人「カマシラ」が興味をもったことや体験談などを中心に、みんなの役にたつ「かもしれない」情報を共有して行きます。YouTubeとInstagramの方もよろしくお願いします。

▶︎プロフィール詳細

よく読まれている記事

最新記事

スポンサーリンク

カマシラのインスタ

カマシラのツイッター

カマシラのプレイリスト

応援クリックお願いします⇩



FC2 Blog-Rankingへ
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村