HOME > 家電・オーディオ >【ご注意】マイクの持ち方大丈夫?カラオケでも恥ずかしくない正しい使い方

スポンサーリンク

【ご注意】マイクの持ち方大丈夫?カラオケでも恥ずかしくない正しい使い方

みなさんマイクの持ち方は意識していますか?

カラオケや結婚式のスピーチなど、何気にマイクを使う機会は多いですよね。

INA85_dinamicmaiku_s.jpg

マイクは人前で使うことが多いですが、カマシラはチキンなのでいつも緊張してしまい自分のマイクの持ち方なんて気にする余裕すらありませんでした。

なのでカラオケ行った時にカッコつけたマイクの持ち方できる人を羨ましく思ってました。

しかし、カッコつけたマイクの持ち方はせっかくの声を台無しにしている可能性があるらしい。

カッコつけているつもりが知識のある人から見ると…カッコ悪いと思われている事がわかりました。

プロのアーティストはカッコつけて人いるよね?みんなその辺を理解してカッコつけているんでしょ?…と思ったんですが、プロでも知らない人がいる模様。

ただプロの場合PAさんがアーティストの歌い方に合わせてしっかりセッティングしているので実現できているとのこと。

我々素人はマイクの特性をちゃんと理解して正しいカッコつけ方をする必要がありそうです。


マイクの正しい持ち方


今回はカラオケなどでも使われているダイナミックマイクについてです。
Shure-SM58_1435_s.jpg
↑正しい持ち方。なんかぎこちないですがこんな感じ。

この状態で口から1.5〜15cmくらい離して歌います。

ダイナミックマイクには指向性があるので口の正面とマイクを垂直に近い角度にした方が音を拾います。

口からの距離によって音が変化しますので色々試すのが良いと思います。

口とマイクが近いと篭った音になりますが、周囲の音を拾いづらくなり声だけを拾うようになります。

逆に口とマイクが遠いと低音が弱く高音がクリアになり、周囲の音も拾いやすくなります。

低音を強調したい → マイクを近づける
高音をクリアにしたい → マイクを遠ざける


ざっくり言うとこんな感じかと思います。

マイクを遠ざければ当然声量も必要になってきますので、自分に合ったマイク位置を探すのが良いと思います。


マイクの間違った持ち方


Shure-SM58_1436_s.jpg
↑間違った持ち方。何が問題なのかわかりますでしょうか…。

マイクの先っちょのグリル横に指がかかっていますよね。これがNGなんです。

カラオケでよく見かける持ち方ですね。

グリルの横を塞いでしまうと、マイク横方向からの音が拾えなくなり指向性が無くなるため周囲の雑音やBGMまで拾ってしまいます。

なのでハウリングも起きやすくなります。ハウリングが起きやすい人は注意かもしれません。

なぜ指向性がなくなってしまうかはマイクのグリルを外すと構造がわかりやすいです。


ダイナミックマイクの構造


Shure-SM58_1439_s.jpg
マイク先っちょグリルを外してみました。

Shure-SM58_1440_s.jpg
グリル内側にはスポンジが貼ってあり、息が吹きかかった時のノイズやタッチノイズを軽減してくれます。

Shure-SM58_1438_s.jpg
このスポンジの奥に振動板があります。こう見ると指向性の方向がイメージしやすいですね。スポンジ面に対して直角に音を入れるイメージでしょうか。直角過ぎても良くないとの情報もあり。

Shure-SM58_1437_s.jpg
問題はサイドに見えるパンチングメタル部分。このパンチングメタルの穴から横方向の音を拾っています。

横方向からの音と、前方からの音が打ち消しあうことで結果的に横からの音が消える構造になっています。

案外原始的なんですね。


マイクで絶対やってはいけないこと


マイクの持ち方よりも重要かもしれない、扱い方で最低限覚えておきたいことを書いておきます。

●マイクをポンポン叩かない
カラオケや学校の朝礼などで司会者がマイクの音が入っているか確認するのにマイクをポンポンと叩く人いますよね。あれはやってはダメです。叩いた時の大音量が一気にアンプやスピーカーに流れるため、ダメージを与えます。最悪壊れることもあるようです。カラオケの機器はある程度無茶な使用にも耐える設計かもしれませんが、もしスタジオ借りて高価な機材壊したら弁償することになる可能性も…

●マイクをスピーカーに向けない、近づけない
スピーカーからキィーンという耳障りな高音が出ることありますよね。これをハウリングと言うんですが、マイクをスピーカーに向けたり近づけたりすると起きやすい。これも機材にダメージを与えるので気をつけましょう。

ハウリングの原因は、スピーカーから出力された音をマイクが拾い、拾った音がスピーカーから出力されると言うサイクルが繰り返されて音がどんどん増幅されてしまうことが原因。

マイクは意外とデリケート、カラオケでしょっちゅうハウリングする人なんかは注意かもしれません。


最後に


今回色々調べてみて「基本が大切」ということがわかりました。

まずは基本を押さえてからカッコつけること。いきなり見た目で入ってはダメですね…。

まずは上手にマイクを使っている人を研究して真似するのが手っ取り早いのかも。


上手い人を参考に、カラオケ行った時に基本的なマイクの持ち方と、自分に合ったマイクとの距離感を意識して練習すると良いと思います。

もし基本ができていないのにカッコつけている人がいたらさり気なく教えてあげるとその人の為になるかもしれません。

カマシラは、今後どうしてもカッコつけたくなってしまった場合「小指を立てる」くらいで我慢しておこうと思います…。




follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿

プロフィール

カマシラ

Author:カマシラ
カマシライフは管理人「カマシラ」が興味をもったことや体験談などを中心に、みんなの役にたつ「かもしれない」情報を共有して行きます。YouTubeとInstagramの方もよろしくお願いします。

▶︎プロフィール詳細

よく読まれている記事

最新記事

スポンサーリンク

カマシラのインスタ

カマシラのツイッター

カマシラのプレイリスト

応援クリックお願いします⇩



FC2 Blog-Rankingへ
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村