HOME > YouTube >SoundCloudで商用利用と改変可能な曲を探してYouTubeで使う方法

スポンサーリンク

SoundCloudで商用利用と改変可能な曲を探してYouTubeで使う方法

soundcloud1_s_2017082723210645e.png
カマシラはYouTubeを始めてからSoundCloudを知りました。

おそらく音楽やっている人以外は「SoundCloud?なにそれ?」って感じじゃないでしょうか。

SoundCloudとは2007年に始まったサービスなので今年で10周年。

簡単に誰でも音楽をアップロードできて、たくさんのアーティストの曲を無料で聴くことができます。ダウンロードや、共有も可能で、アーティストとユーザーで作られるコミュニティが魅力らしい。

ビヨンセなどプロのアーティストも使っていて、クオリティの高い曲がたくさん聴けます。

なぜカマシラがSoundCloudを使うようになったかと言うと「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)」で提供するアーティストの曲がたくさんあること。

クリイティブ・コモンズ(wikipedia)



クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの曲を探す


SoundCloudでクリエイティブ・コモンズの曲を探すとたくさんヒットします。

SoundCloudの検索画面で検索するときにクリエイティブ・コモンズのレベルをフィルター設定します。

To modify commercially」でフィルターした場合は、改変OK、商用利用OKの曲のみ表示します。

Search-tracks-on-SoundCloud_s.png

するとずらっと曲が表示されます。

Search-tracks-on-SoundCloud2_s.png

これで好きな曲を選んでYouTubeで使用することができます。

YouTubeで曲を使用する場合は「動画の説明欄に必ず必要事項を記載する」必要がありますので絶対に忘れないでくださいませ。


良い曲で作品のクオリティアップ


カマシラはYouTube動画を編集するときは最初に曲選びから作業します。

普段から「この曲に映像つけたいな」と思った曲をSoundCloudでストックしています。

進め方は人それぞれだと思うのですが、カマシラの場合は曲を聴くことでなんとなくカットのイメージが湧いてくるので、最初に曲をタイムラインに入れて進めています。

自分の中では映像と曲の重要度と言うか優先度は1:1くらい。

なので曲のクオリティが良ければ良いほど映像のクオリティもあげないと…というプレッシャーを感じます。

まだまだ「映像が曲のクオリティに負けている」ので曲に助けてもらってる感じですが…

自分で曲を作る必要がなくなり映像編集に専念できるので、もうSoundCloud無しではやっていけない気がする。

YouTubeでも自由に使える曲を提供していますが、あんまり好きな曲がないしあったとしても誰かが使っていてどっかで聞いたことある物が多い。

YouTubeでオリジナリティーを求めるならSoundCloudで探すのが良いと思います。

これからの時代、クリエイティブ・コモンズについては必須の知識な気がしますので、今から勉強しておいた方が良いかもしれません。



follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿

プロフィール

カマシラ

Author:カマシラ
カマシライフは管理人「カマシラ」が興味をもったことや体験談などを中心に、みんなの役にたつ「かもしれない」情報を共有して行きます。YouTubeとInstagramの方もよろしくお願いします。

▶︎プロフィール詳細

よく読まれている記事

最新記事

スポンサーリンク

カマシラのインスタ

カマシラのツイッター

カマシラのプレイリスト

応援クリックお願いします⇩



FC2 Blog-Rankingへ
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村