HOME > YouTube >【4K動画】YouTubeのHDR(HLG)動画を作ってみた(赤坂見附駅周辺)

スポンサーリンク

【4K動画】YouTubeのHDR(HLG)動画を作ってみた(赤坂見附駅周辺)

今回はYouTubeのHDR動画制作にチャレンジしてみたので、作り方の手順などメモ代わりに書いていきます。

※HDR動画の性質上、HDRに対応していない機器で表示すると彩度とコントラストが浅い感じで表示されます。



HDR動画にチャレンジした理由


YouTubeは2016年からHDR動画に対応していて、ずっと気になってはいたんですが、HDR動画を表示するモニターがかなり限られていて、高価なテレビやプロ用機材しか存在しなかったためスルーしていました。

HDR動画制作ではグレーディング時にHDRモニターがないと色の確認ができないため調整が難しく、手が出なかったのです。

今回チャレンジするきっかけになったのは、iPhone8・iPhoneXがHDRディスプレイを搭載してきたこと。

そしてYouTubeアプリも機種限定ですがHDR対応になりました。

スマホで表示確認ができればHDR動画制作が可能になります。モニターは小さいけど、色は判別できるので頑張ればいけるはず!ということで今回はHDRで制作することにしました。



スマホがマスターモニター


カマシラはHDRモニターを持っていません。HDRモニターはまだまだ高価で一般人が気軽に買えるものではありません。

また、HDRのPQ方式、HLG方式に対応しているHDRモニターはまだまだこれからという状況。

なので、今回はHDR対応のスマホを無理やりマスターモニターと見立てて制作しています。

ちょっと手間だけどHDRのHLG形式でYouTubeにアップロードしてスマホで色と露出をチェックする手順で進めました。

この手順だとチェックする度に毎回FinalCutから書き出し、YouTubeへアップロードするのでめちゃくちゃ面倒臭い…

もっと簡単にスマホでチェックできないかと考え中です。

iOSアプリの「duet display」でiPhoneをMacやWindowsの拡張モニター化できるので、iPhone8やiPhoneXならもしかするとリアルタイムでHDRのモニターが出来るかもしれません。あとで試してみようと思います。

赤坂見附_02_s


YouTube向けHDR動画の作り方


YouTube向けにHDR動画を作るときの手順は何通りかあるようですが、今回はMacのFinalcutを使ったやり方を簡単に紹介します。

ネットで調べた情報を元に行なっているのでもしかすると間違っているところがあるかもしれないので参考程度としてくださいませ。

事前に「pywrapmkvmerge.app」をダウンロードしておきましょう。

ダウンロード:GitHub


1、Log撮影する


Sony α6500やPanasonic GH5などでLog収録する。iPhoneでも「FiLMiC Pro」というカメラアプリでLog収録可能です。


2、FinalcutでLog素材を読み込む


まず最初に新規ライブラリを作成するのですが、その時は色処理を「Wide Gamut」にします。
新規プロジェクトは「Wide Gamut - Rec. 2020」にします。これでダイナミックレンジの高い状態で編集できる状態になりました。Log素材を読み込んで編集準備完了。


3、Finalcutで編集する


読み込んだLog素材をカット編集し、カラーグレーディングします。グレーディングはLUTを当てたり手動で露出や色調整したり試行錯誤します。これが一番大変な作業…


4、Finalcutからmovを書き出す


Apple ProRess 422(HQ)で書き出します。HDRの仕様上10bitである必要があるようです。


5、movにメタデータを追加してmkvを作成する


書き出したmovファイルを「pywrapmkvmerge.app」にドラッグします。しばらくするとPQ方式とHLG方式2種類のmkvファイルができます。


6、YouTubeにmkvファイルをアップロードする


PQ方式、HLG方式については自分の制作環境に合った方式をYouTubeにアップロードします。アップロード成功するとYouTubeがHDR形式とSDR形式でエンコードしてくれます。

HDR対応機器ではHDR形式(VP9)で再生され、HDR未対応機器ではSDR形式(h.264)が再生されます。

これはYouTubeの統計情報を表示すると確認できます。

簡単ですが手順はこんな感じになります(間違ってたらごめんなさい)。

写真のHDRと動画のHDRは撮影方法や対応機材も違いますので別物と思った方が良さそうですね。

赤坂見附_03_s


HDR動画の普及の鍵はスマホか


2017/10時点でYouTube HDR対応スマホは「Xperia XZ Premium」「Pixel」「 LG V30」「Galaxy S8」「Galaxy Note8」とのことです。

現状ではフラッグシップモデルに搭載されている状態ですが、来年あたりの普及モデルではHDR標準装備になるんじゃないでしょうか。

そうなれば一気にHDR動画が一般的になりコンテンツも増えて行くので、続いてHDRテレビが売れ始めると予想できそうです。

日本の放送局でもHDRの検討が始まっていて、ライブ配信に対応出来てSDRと下位互換のあるHLG方式で進めているようです。

まだまだ本格普及までは時間がかかりそうですが、YouTubeに作品をアップしている人は今後を見据えてHDRで制作しておくのもアリかもしれません。




follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿

プロフィール

カマシラ

Author:カマシラ
カマシライフは管理人「カマシラ」が興味をもったことや体験談などを中心に、みんなの役にたつ「かもしれない」情報を共有して行きます。YouTubeとInstagramの方もよろしくお願いします。

▶︎プロフィール詳細

よく読まれている記事

最新記事

スポンサーリンク

カマシラのインスタ

カマシラのツイッター

カマシラのプレイリスト

応援クリックお願いします⇩



FC2 Blog-Rankingへ
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村