HOME > YouTube >若年層向けYouTube動画の悪ふざけはどこまで許されるのか

スポンサーリンク

若年層向けYouTube動画の悪ふざけはどこまで許されるのか

ちょっと残念というか悲しいというか…そんなニュース記事を読んだので思うところを書いてみます。

その記事はこちら。

米人気YouTuber 日本をバカにした動画でアカウント停止の署名運動始まる(msn)

この方は若年層向けの「悪ふざけ」を売りにしたジャンルのチャンネルを運営していて、たくさんのファンがいるようです。

カマシラはこの手の動画、何のひねりもなくただふざけているだけの動画の面白さがわからないのですが、多くの若い世代には受けているようです。チャンネル登録者1500万ですよ…。

炎上の発端となった問題の動画はともかくとして、今回の件はいろいろと考えさせられます…。



悪ふざけが許される範疇



交通違反、通行妨害、業務妨害などの迷惑、危険行為を楽しんでいるようです。一部犯罪行為が混ざっている気も…

「悪ふざけ」にも色々あると思いますが、悪ふざけの内容を「面白い」と受け取るか「不愉快」と受け取るかは視聴者次第です。

「悪ふざけ」のジャンルを好んで視聴する若年層は「面白い」と感じるわけで、視聴者のニーズに答えるには「悪ふざけ」をやり続ける必要があります。

なので当然「悪ふざけ」がエスカレートしていくのはある程度しょうがない事とも考えられます。

今回問題になった動画はもう削除されていて観られませんが、明らかに「一線を超えた」感じでした。もう理解不能な領域です…。

テレビ放送などのビジネスモデルでは、番組に「スポンサー」という厳しい目をもった第三者がいるので「悪ふざけ」の内容も制約が発生するため限度があります。

ところがYouTubeなどの個人で運営できるネットメディアでは、チャンネル運営者の独断により制限なしで全世界に公開できてしまいます。

また、問題が発覚するのが「公開した後」になるため、問題のある不適切な動画が視聴者に与える影響力はテレビなど他の媒体とは比べ物にならない破壊力を持っています。

良し悪しを判断できない若い子供達が受ける影響は計り知れない…

アップロードしても問題ない動画であるかどうかを判断するのはチャンネル運営者しかできないことであり、重大な責任を背負っていると自覚する必要があるな…と感じます。

問題のあるチャンネルはたくさんありますが、放置しているYouTube側にも責任はあると思うので、今回の炎上はYouTube運営にとってかなり深刻な問題だと思います。

何が規制されて何が規制されないのか」をもう少し明確にした方がチャンネル運営者も判断し易いし、不適切な動画が減ることによってYouTube側にもメリットがある気がします。



今後YouTubeがどう動くか


今回の騒動でYouTubeも動き出したようです。

ローガン・ポールの炎上受けYouTubeがユーザー宛の公開書簡。「ガイドライン違反として対応、経過観察中」(engadget)

対応の具体的な内容は不明ですが、たくさんの不適切な動画が未だに視聴できている状態ですので、収益がちょっと制限されたくらいなんじゃないかと想像。

YouTubeは今後に向けて対応を迫られるわけですが、考えられる対処としては、

・違反者のアカウント凍結
・更なる厳格なルール、ガイドラインを作る
・違反したチャンネルの取り締まりを強化する


などがありますが、ルールは作れても取り締まりはかなり難しいと思われます。

楽曲やスパムの判定はある程度AIで自動的に処理されているようですが、動画の内容は現状では人間の目視チェックが必要だし、毎日世界中でアップされる動画を目視でチェックするのは無理ですよね。

ましてや公開前に動画の内容が不適切かどうかなんてチェック不可能

チェックをAIで自動化することも将来的には不可能ではないと思いますが、動画の内容をディープラーニングさせて精度を上げるには相当な時間がかかりますので何年後になるか想像もつきません。

なので、現状だと視聴者からの「通報」や「クレーム」によりYouTube運営のスタッフにチェックしてもらう以外方法はないと思います。

昨年末YouTube運営からチェック体制を強化するというアナウンスがあったので、以前からこの手の不適切な動画を問題視していたことがわかります。

ただ、規制を厳しくしすぎるとつまらないメディアになってしまう可能性もありますので、さじ加減が難しいところ…。

今後のYouTubeの対応に注目したいと思います。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿

プロフィール

カマシラ

Author:カマシラ
カマシライフは管理人「カマシラ」が興味をもったことや体験談などを中心に、みんなの役にたつ「かもしれない」情報を共有して行きます。YouTubeとInstagramの方もよろしくお願いします。

▶︎プロフィール詳細

よく読まれている記事

関連記事

スポンサーリンク

カマシラのインスタ

カマシラのツイッター

カマシラのプレイリスト

応援クリックお願いします⇩



FC2 Blog-Rankingへ
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村