HOME > 不思議な話 >NASA緊急記者会見の内容についておばちゃんに聞いてみた

スポンサーリンク

NASA緊急記者会見の内容についておばちゃんに聞いてみた

日本時間2017年4月14日 午前3:00から行われたNASAの緊急記者会見の内容ですが、やはり想定内の結果でした。

土星の衛星エンケラドゥスは、表面こそ氷で覆われているものの、その下には流れる海があると言われてきました。さらに今週NASAは、その海の底では生命のエネルギー源となる水素が大量に生み出されているらしいことを発表しました。つまりエンケラドゥスは今、地球以外で生命体が存在しうる可能性がもっとも高い星になったのです。

Scienceに発表された新たな論文によれば、エンケラドゥスの海では水素分子が大量に生産されています。何が水素を生み出しているのかというと、もっとも強く考えられるのは、氷の下の海で高温の岩と水が水熱反応を起こしていることです。とすると、エンケラドゥスには温かい水に有機物、ある種の鉱物に加えて、微生物の命を支えるエネルギー源まで存在しているんです。地球でもマグマの通り道近くにおける水熱反応は、複雑な生態系を支えていることが知られています。
引用:GIZMODO


カマシラは「地球外生命体はいないはずがない」と確信しているので、もうこの程度の内容じゃ刺激が足らないのですが、一般の人たちはどう感じたのか…物足りなさを感じているのではないか?そう思い試しに聞いてみました。

KAZ74sP1020894_TP_V_s.jpg


そっち系じゃない人にヒアリングした感想


知り合いのおばちゃんや会社の人たちは普段まったく宇宙ネタに興味がない。その人たちに今回の記者会見の内容についてどう思ったかヒアリングしてみたところ、

「昔同じような発表を聞いたことがある」
「ミジンコみたいなのはうじゃうじゃいるでしょ」
「海があるなら魚がいると思う」
「寒い海なら脂がのってて煮付けにしたらおいしそう」
「月面着陸って嘘なんだよね?」


などの貴重な意見をいただきました。

みんな記者会見の内容にまったく驚いた様子はなく…生き物がいる前提というか…生物がいるとかいないとかに興味がなさそう…そんなものなのかも。

そう考えると一般の人たちが驚くようなニュースって結構なレベルの内容じゃないとだめそうです…地球外生命体やエーテル世界、テレパシーや超能力の研究…これらは過去の公式資料の公開によりリークされてきていますが、大々的には発表されてはいないのでほとんどの人が知らない。

リークされた情報がすべて真実とは限りませんが…もしその後の経過がNASAなどの機関から発表されればかなりインパクトありそうです。今でも極秘で進められているんですかね。

最近NASAの発表は地球外生命体関連が多くなっているようなので、そろそろサプライズが来てほしい…

ブラックホールネタや、DNAネタなんかも面白いのでそちらの続報でもよいからワクワクする奴をお願いします。

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿

プロフィール

カマシラ

Author:カマシラ
カマシライフは管理人「カマシラ」が興味をもったことや体験談などを中心に、みんなの役にたつ「かもしれない」情報を共有して行きます。YouTubeとInstagramの方もよろしくお願いします。

▶︎プロフィール詳細

よく読まれている記事

最新記事

スポンサーリンク

カマシラのインスタ

カマシラのツイッター

カマシラのプレイリスト

応援クリックお願いします⇩



FC2 Blog-Rankingへ
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村