HOME > パソコン・周辺機器 >突然やってくる衝撃…重要なデータのバックアップ体験談

スポンサーリンク

突然やってくる衝撃…重要なデータのバックアップ体験談

ハードディスク
カマシラはデータの管理で2度ほど痛い目にあったことがあります。

15年ほど前、子供の写真をパソコンに保存していたのですが、HDDが壊れて消えてしまいました。
ガラケーの写真・電話帳データやデジカメデータ、3Dモデリングのデータなどが消えた…
ハンディカムの動画は当時DVテープでしたので、幸い被害に遭わずにすみましたが、相当ショックでした。


その後は、HDD2台でミラーリング(RAID1)運用していました。その時は「これで安心!」と思っていたのですが、ある時特定のデータが開けなくなりました。「1台壊れたかな?」と思い1台づつ試してもダメ、HDDチェックでは2台とも問題無いのに…

いろいろ原因を切り分けていったところ、マザーボードのRAIDコントローラーが壊れて変なデータを2台のHDDに書き込んでいたことが判明。壊れたデータをミラーリングしていた感じ。※RAIDコントローラーは複数のHDDにデータを書き込む制御チップのようなもの

この体験によりRAID構成で運用しているとチップが壊れた時に復旧が大変なことを知りました…
それ以来、RAIDにすることの意味を見出せず使うとしてもスピード目的の時にRAID0を使うくらいです。


今は定期的に2台のHDDを手動でシンクするソフトを使ってバックアップしています。

WindowsではRealSyncという定番?ソフトを使って手動でシンクしています。
何をコピーしているのかがパス付きで全部見えるのでお気に入り。10年以上使ってます。

Macはタイムマシーンがあるので楽チンですが、タイムマシーンのデータが壊れて見えなくなっちゃう事もあるので注意です…なので写真・iTuneデータは手動でバックアップしています。


あとは、本当に重要なデータは3重でバックアップしてます。大きな地震とかきたらいくらバックアップあっても安心できないですよね。なので、衝撃に強いSSDと弱いHDDで分散させるなどメディアの特性を生かしてバックアップするのがオススメです。クラウドにバックアップするのもアリかと。(容量が少ないですが)

SDカードやUSBメモリは長期保存には向かないそうなのでご注意ください。
通電なしで5〜10年ほっておくと電子が保持できず自然蒸発する可能性ありとのこと。

最後に、スマホの中にデータが入っていてバックアップ取ってない人は後悔する前にバックアップしてくださいね…


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿

プロフィール

カマシラ

Author:カマシラ
カマシライフは管理人「カマシラ」が興味をもったことや体験談などを中心に、みんなの役にたつ「かもしれない」情報を共有して行きます。YouTubeとInstagramの方もよろしくお願いします。

▶︎プロフィール詳細

最新記事

スポンサーリンク

よく読まれている記事

カマシラのインスタ

カマシラのツイッター

カマシラセレクション

応援クリックお願いします⇩



FC2 Blog-Rankingへ
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

スポンサー