HOME > YouTube >【4K動画】α6500とオールドレンズ「Super Takumar 55mm f1.8」で4K動画作ってみた

スポンサーリンク

【4K動画】α6500とオールドレンズ「Super Takumar 55mm f1.8」で4K動画作ってみた

先日、ヤフオクでスーパータクマーというオールドレンズ「Super Takumar 55mm f1.8」と「Super Takumar 200mm f5.6」の2本を3000円でゲットしたので、早速α6500と共に夜の街を散歩して4K動画を作ってみました。


この動画は55mmを使いました(3カットだけSEL1828使用、詳細は最後に記載)。全てのカットで三脚は使わず、手持ちまたは地面や手すりなどにカメラを置いて撮影しています。α6500の手振れ補正はかなり強力。手ぶれ補正の無いオールドレンズでは絶大な効果を得られます。(事前に手ブレのマニュアル設定は必須です)

シャッタースピード1/25、ISO800、F2.8前後、S-log3で記録しています。

編集はFinalcut pro X。色調整はプラグインのLUT LOADERを使いました。

3000円でゲットしたレンズでここまで撮れたら素人には十分な気がします。これでもレンズは少し曇っていて埃も入っているので、クリーニングすればもっとクリアに撮れる余地がありそう。



SuperTakumar 55mm f1.8 写真レビュー


Super-Takumar_1_s.jpg
3000円でゲットした一式。メタルフードやレンズプロテクターまで付属。

Super-Takumar_2_s.jpg
かなり味が出ている使い込まれたレンズ。詳しくはわかりませんが、ざっと調べた感じSuperTakumarでは古いタイプのロットのようです。

Super-Takumar_3_s.jpg
フォーカスリングで直感的にピントを合わせるのが楽しくて仕方ない。絞りのダイアルもカチカチした感触で心地よい。

Super-Takumar_4_s.jpg
マウントはM42というねじ込み式タイプ。だいぶ塗装が剥げていますね。


M42 Eマウントアダプター


一眼レフカメラにてオールドレンズを使うには各社の規格に合ったマウントアダプターが必要です。

今回購入したオールドレンズ「SuperTakumar」のマウントはM42という規格なので、Sonyのミラーレス一眼に取り付ける為には「M42」から「Eマウント」に変換します。


Super-Takumar_5_s.jpg
こんな外観。これはK&Fという中華メーカーですが、安くて精度もあり評判の良いマウントアダプターです。これをカメラ本体とレンズの間に挟む感じになります。

Super-Takumar_8_s.jpg
ねじ込んで合体させると…

Super-Takumar_9_s.jpg
こんな感じです。結構大きくなってしまいます。

Super-Takumar_10_s.jpg
α6500本体に取り付け他ところ。

Super-Takumar_11_s.jpg
さらにメタルフードを取り付けたところ。良い感じですがちょっとマウントアダプターが野暮ったい。α6500のホットシューに付けているカバー型水準器は水平をとる時にかなり便利でおすすめ。40円送料込みでした…。




レンズの焦点距離について


オールドレンズに限ったことではないのですが、レンズを選ぶ際の焦点距離には注意が必要です。

焦点距離についてはニコンのサイトで分かりやすくまとまっています。

注意が必要なのは、同じ焦点距離のレンズでもカメラ本体のセンサーサイズが「フルサイズ」と「APS-C」で画角が全然違ってくるところ。

焦点距離はレンズの名称では「〇〇mm」と表記されているところですが、この数値は「フルサイズ」で使用する際の数値で、「APS-C」で使う場合は1.5倍(Eマウント)または2倍(マイクロフォーサーズ)で計算した数値がそのレンズの焦点距離になります。

焦点距離と画角の目安ですが、人間の視界に一番近いということで50mmが基準となっています。

なので、レンズを選ぶ際は50mmを基準として「広角」を撮りたいのか、「望遠」を撮りたいのかを考えて選ぶとよいかと思います。

50mm以下が「広角レンズ」
50mm以上が「望遠レンズ」


広い景色を撮りたい場合は「50mm以下」、狭い画角で被写体を撮りたい場合は「50mm以上」を選ぶ感じでしょうか。

ちなみに、カマシラの場合レンズが「SuperTakumar 55mm f1.8」でα6500のセンサーが「APS-C」なので、焦点距離は「55mm x 1.5倍」で約「82mm」となり望遠側です。

この場合、人間が見ている風景の一部分を狙って切り取るイメージで撮影することになるので、カマシラには向いている気がします。

人によっては望遠すぎて使い勝手が悪いと思うかも。

自分にあった焦点距離は使ってみないと分からないので、安いオールドレンズでいろいろ試して自分に合った焦点距離を探してみるのも面白いと思います。



最後に各カットの説明


夜の散歩_1_s
赤坂の歩道橋。手すりに置いて撮影しました。走っている車のタクシー率が異様に高い。

夜の散歩_2_s
横浜駅ビルの入り口。手持ちで撮影。

夜の散歩_3_s
横浜駅の地下入口。手持ちで撮影。Finalcutで三脚モードON。

夜の散歩_4_s
赤坂のバー。このカットはSEL1828使用。画角の違いがわかるでしょうか。

夜の散歩_5_s
横浜駅ロータリー近くの歩道橋から。手すりに置いて撮影。

夜の散歩_6_s
横浜駅ロータリー近くの歩道橋から。手すりに置いて撮影。フォーカスぼかしました。

夜の散歩_7_s
赤坂見附駅の周辺。このカットはSEL1828使用。広角なのがわかりやすい構図ですね。

夜の散歩_8_s
横浜駅ロータリー近くの歩道橋から。手持ちで撮影。Finalcutで三脚モードON。

夜の散歩_9_s
横浜駅ロータリーで歌うストリートミュージシャン。手持ちで撮影。

夜の散歩_10_s
横浜駅ロータリー近くの歩道橋から。手すりに置いて撮影。雨に濡れた路面が綺麗でした。

夜の散歩_11_s
横浜駅ロータリー近くのラーメン屋台。手持ちで撮影。雨で客が少ない様子。

夜の散歩_12_s
横浜駅近くのコインパーキング。手持ちで撮影。Finalcutで三脚モードON。

夜の散歩_13_s
お台場アクアシティー前の桜。手持ちで撮影。Finalcutで三脚モードON。

夜の散歩_14_s
お台場アクアシティー海側の遊歩道。ベンチに置いて撮影。フォーカスを合わせるの忘れてます。

夜の散歩_15_s
お台場アクアシティーの桜とゆりかもめ。手持ちで撮影。

夜の散歩_16_s
お台場アクアシティーの4F?からの眺め。手すりに置いて撮影。

夜の散歩_17_s
お台場アクアシティーの4F?からのレインボーブリッジ。手すりに置いて撮影。

夜の散歩_18_s
最初と同じ赤坂の歩道橋だけど少し下向き。手すりに置いて撮影しました。

夜の散歩_19_s
赤坂のビル。このカットはSEL1828使用。こういうカットはやっぱり広角が良いですね。

以上です。

オールドレンズはお手軽に手に入るのでこれからもちょこちょこ試して行こうと思います。

みなさん、GWはオールドレンズで遊んでみては如何でしょうか。今すぐヤフオクでチェック!




follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿

プロフィール

カマシラ

Author:カマシラ
カマシライフは管理人「カマシラ」が興味をもったことや体験談などを中心に、みんなの役にたつ「かもしれない」情報を共有して行きます。YouTubeとInstagramの方もよろしくお願いします。

▶︎プロフィール詳細

最新記事

スポンサーリンク

よく読まれている記事

カマシラのインスタ

カマシラのツイッター

応援クリックお願いします⇩



FC2 Blog-Rankingへ
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村