HOME > ブログ・日記 >人間の仕事がロボットに置き換わっていく危機感

スポンサーリンク

人間の仕事がロボットに置き換わっていく危機感

最近はコンピュータのAI(人工知能)の発達が目まぐるしい勢いで伸びています。

車の自動運転ロボットもかなり精度が上がってきたり、身近なところだとiPhoneなどスマホの音声アシスタントのAIも賢くなってきています。

このままAIやロボット技術が発達していくと、様々な職種で人間が必要なくなり、ロボットに置き換わる事になります。ロボットは故障しない限りミスしないし給料安くても文句言いませんよね。ズル休みもしなくて仕事も早い…新人に教育する必要もなし。

スイッチ入れてやることをザックリ指示するだけ。
機械スイッチ


有名な方々の言葉はリアリティーがあります。


マクドナルドUSAの元CEOのエド・レンシの言葉

「外食産業において、3万5000ドル(約380万円)のロボットアームを購入するほうが、時給15ドル(約1600円)で人間を雇うよりもはるかに安く済みます。信じられないかもしれませんが、人間が料理を作り続けていればインフレを誘発し、人間が職を失ってロボットに置き換えられるという未来は大いに起こり得ます」
出典 http://gigazine.net



グーグルの創業者、CEOのラリー・ペイジの言葉

「人工知能の急激な発達により、現在日常で行われている仕事のほどんどをロボットが行うというもので、近い将来、10人中9人は今とは違う仕事をしているだろう。」
出典 http://lrandcom.com/automation



ビル・ゲイツの言葉

「僕たちはどうするべきか」
「創造性を必要としない仕事はすべてテクノロジーに代行される。」
「ソフトウェアが運転手やウエイター、そして看護師の代行をするため、仕事の需要がどんどん減っていくだろう。特に大したスキルを必要としない仕事は次の20年でどんどん少なくなる。だけど、まだ誰も心の準備ができていないように感じます。」
出典 businessinsider.com



では、どんな職種がロボットやコンピュータに置き換わると予想されているのか?調べてみました。

オックスフォード大学の未来予想では、米国の総雇用者の仕事のうち47%が10〜20年後にはロボットに置き換わるという算出されたそうです。

特に90%以上の確率でなくなる可能性がある職業のリストは…

銀行の融資担当者、スポーツの審判、不動産ブローカー、レストランの案内係、保険の審査担当者、動物のブリーダー、電話オペレーター、給与・福利厚生担当者、レジ係、娯楽施設の案内係、チケットもぎり係、カジノのディーラー、ネイリスト、クレジットカード申込者の審査担当者、集金人、弁護士助手、ホテルの受付係、電話販売員、手縫いの仕立屋、時計修理工、税務申告書代行業者、図書館員の補助員、データ入力作業員、彫刻師、苦情の処理担当者、簿記・会計・監査の事務員、検査・分類・見本採取・測定を行う作業員、映写技師、カメラ・撮影機器の修理工、金融機関のクレジットアナリスト、メガネ・コンタクトレンズの技術者、殺虫剤の混合・散布の技術者、義歯制作技術者、測量技術者、地図制作技術者、造園・用地管理の作業員、建設機器のオペレーター、訪問販売員、路上新聞売り、露店商人、塗装工、壁紙張り職人

ルーチンワーク的な仕事はロボットに任せて、人間はクリエイティブなことに集中する世の中になっていくということでしょうか…

人間にしかできないことは、新しいものを創造することですから、クリエイティブなスキルを身につけていかないと将来的に仕事に就く事が難しい可能性があるのかもしれません…

大人にとっては新しいスキルや仕事を一から勉強するのは厳しいですが、子供達にはまだ可能性があります。お子様をお持ちの方は、未来がどうなるのか予想しながら、子供達にアドバイスしていく事が必要だと思いました。

小学生の将来なりたい職業が「ユーチューバー」というのもアリだと思います。テレビッ子世代で言うところの「芸能人になりたい」という夢の現代版ですよね。youtubeで有名になればテレビにも出られます。

最近の音楽業界はメジャーデビューするよりもyoutubeやSNSを使って自分でプロモーションした方が食べていける世の中です。音楽業界で未だにメジャーデビューを目標にするのは情弱と呼ばれるそうですよ…

将来有望な仕事として思いつくのは、ロボット化に伴い、新しいAIロボットの開発や管理をする仕事の需要が増えてくると思われます。

カマシラの子供たちにはロボットデザイナーになって欲しいんですが、興味なさそう…将来が心配です。というか子供の心配よりも先に自分の心配をした方が良さそうです…
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿

プロフィール

カマシラ

Author:カマシラ
カマシライフは管理人「カマシラ」が興味をもったことや体験談などを中心に、みんなの役にたつ「かもしれない」情報を共有して行きます。YouTubeとInstagramの方もよろしくお願いします。

▶︎プロフィール詳細

最新記事

スポンサーリンク

よく読まれている記事

カマシラのインスタ

カマシラのツイッター

カマシラセレクション

応援クリックお願いします⇩



FC2 Blog-Rankingへ
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

スポンサー