HOME > カメラ・写真 >Panasonic GH5の注目機能…GH4の中古もありかも?

スポンサーリンク

Panasonic GH5の注目機能…GH4の中古もありかも?

ついに「Panasonic GH5」が来月、3月23日に発売されます。

このカメラは、マイクロフォーサーズという規格のミラーレス一眼レフカメラなんですが、動画撮影のスペックが凄いんです。

gh5.jpg

カマシラが「Panasonic GH5」で特に注目している機能は4つ。


(1)4K60p


ついに民生用ミラーレスカメラで「4K60p」対応。4K解像度で秒間60フレームのヌルヌル動画が撮影可能です。GH5の目玉機能ですね。


(2)4:2:2 10bit 4K30p


これは写真で言うところの「RAW」記録のような用途。撮影後の色調整などの幅が広がるので作品作りがし易い。30pになっちゃうけど、映画など映像作品を作る人には嬉しいと思う。SDカードにそのまま保存できるところも良いですね。


(3)6K/4Kフォト


高解像度で秒間60 or 30コマの高速連写できる。この機能を使えば一瞬のシャッターチャンスでも、60枚(4K時)連写してくれるので、後からベストショットを選べるようになります。


(4)ボディ内5軸手ぶれ補正


ボディ内に手ぶれ補正機能があるので、単焦点レンズなど手ぶれ補正がないレンズでも手ぶれ補正が有効になります。どの程度強力な補正効果があるのか楽しみです。



その他のGH5注目機能


GH5発売時点では未実装の機能がファームアップで使えるようになる予定。ファームウェアのロードマップでは、夏に大きな機能追加があるみたい。注目の機能は…

●Hybrid Log Gamma for 4K HDR Video
Hybrid Log Gamma(HLG)は、BBCとNHKにより開発された規格で、HDR対応テレビだけでなく通常のテレビにも対応できる信号が作る技術のようです。それの4K対応版ぽいです。

●High-resolution Anamorphic Video Mode
これは映画撮影用のモードだと思いますが、専用のレンズが必要になるかどうかが気になります。


あとは、寒さに強くなったのとファインダーの解像度が高くなったことかな。



GH5の残念なところ


大きさについてはちょっと残念。GH4よりちょっとサイズと重さが大きくなってます。まあこのスペックなら多少大きくても我慢できそうですけどね。 

あと残念なのは…値段。ボディで23万円!これにレンズも買ったら30万くらいいっちゃうので、気軽には買えないですね。

それでもGH5は相当売れる気がします。




型落ちGH4もアリ?


カマシラ的には、「4K60p」にこだわらず、あえて型落ちGH4の中古を狙うという選択肢もありな気がしてきた。

キタムラの中古で「Panasonic GH4」のボディが7万円くらいです。

GH4でも4K30pなら撮れますし、今買ってもまだまだしばらくは使えますよね。

で、GH5が中古で安くなった頃に買い替えるという戦略はどうだろう…。

一眼レフのボディはどんどん新しい機種が出て来るのですぐ型落ちになります。なので消耗品と考えた方が良いのかも。毎回新品で買っていたらいくらお金があっても足りない…。

どうせならボディよりレンズに投資した方が末長く使えますから幸せになれる気もします。

ボディよりもまずは良いレンズを揃えるという考え方。カメラはお金かかるので長期的な戦略が必要ですよね。

新品のGH5がサクッと買えるような身分になりたい…


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿

プロフィール

カマシラ

Author:カマシラ
カマシライフは管理人「カマシラ」が興味をもったことや体験談などを中心に、みんなの役にたつ「かもしれない」情報を共有して行きます。YouTubeとInstagramの方もよろしくお願いします。

▶︎プロフィール詳細

最新記事

スポンサーリンク

よく読まれている記事

カマシラのインスタ

カマシラのツイッター

応援クリックお願いします⇩



FC2 Blog-Rankingへ
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村