HOME > カメラ・写真 >次世代ヘルメットに期待しつつ懸念するところを考えてみた

スポンサーリンク

次世代ヘルメットに期待しつつ懸念するところを考えてみた

バイク乗りで、カメラやガジェット好きの人には朗報というか、期待できそうなニュースがあったので紹介します。

main.jpg

BMW、ライダーに速度や道路情報を表示するHUD内蔵ヘルメットを発表。数年以内の量産を目指す

独 BMW の二輪車を手掛ける BMW Motorrad が、ヘッドアップディスプレイを搭載するバイク用ヘルメットを発表しました。透過型の HUD には走行速度や燃料タンク残量といった各種情報を表示可能。さらに前および後ろ向きにカメラを搭載しており、ライダーは振り向かずとも後方の状況を確認できます。
引用:engadget


どうですか?期待できそうですよね。

あのBMWが開発というところもカマシラ的ポイントが高いです。値段は高そうですけどね…

まだコンセプト段階なのだけど、製品写真を見て気になったところが…サイズでかすぎ!さすがにこのサイズでは恥ずかしい。

ヘルメットとしての安全基準を満たしつつ、カメラや制御基板、バッテリーなどを組み込むのでサイズが大きくなるのはしょうがないとしても…このサイズはビックリ。

写真で見てこれですから、実物を見たらすごいと思う。バイクショップのヘルメットコーナーにこれが並んでいたら普通のヘルメットとサイズが違いすぎて面白そうですね。

コンセプト写真から予測すると重量も多分すごいと想像。製品化に向けて小型化は必須課題であり、一番難しいところなんだと思います。

もう一つ重要なポイントが通気性。この写真を見た感じスクリーンを閉じたら通気性は低いのではと懸念されます。

おそらく、ヘルメット内にバッテリーや基板が内蔵されるでしょうから、熱を発します。なので、通気性が低いと…頭は汗だくになってしまいます!快適性を考えるともう少し通気口を追加したほうが良いのでは?と素人ながら思ってしまいました。

ていうか…よく見るとスクリーンが無い?無いってことは無いと思いたい。内側のシルバーの部分が下にスライドするのかなぁ。

結構好みのデザインなので、このままの方向性で小さくなってくれたら嬉しいな…

あとは、日本の法律的に透過型HUDに色々な情報を表示することが問題ないのかが気になるところ。

車だとフロントガラスに表示するのはNGだった気がする…(記憶が怪しい)

色々と心配なところはありますが、カマシラ的にすごく期待しています。

同じコンセプトで自転車用もあると嬉しいので、BMWさん頑張ってください!

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿

プロフィール

カマシラ

Author:カマシラ
カマシライフは管理人「カマシラ」が興味をもったことや体験談などを中心に、みんなの役にたつ「かもしれない」情報を共有して行きます。YouTubeとInstagramの方もよろしくお願いします。

▶︎プロフィール詳細

最新記事

スポンサーリンク

よく読まれている記事

カマシラのインスタ

カマシラのツイッター

カマシラのプレイリスト

応援クリックお願いします⇩



FC2 Blog-Rankingへ
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村